目指せ!言い換えの達人!

子育てに追われているとき、支援計画を立てるときや忙しいとき。

子どもの見立てが否定的になってしまいませんか?

「落ち着きがない」「~できない」否定表現が増える。

そうすると、だんだんその子を見る目や、接し方も否定的になってしまったり、

子どもも自分に対して自信がなくなってしまうこともあります。

そんな時には、今の子どもの状態をプラス表現に変換してみましょう。

例えば、「飽きやすい」→「いろいろなものに興味をもてる」

「落ち着きがない」→「活発」

「話をきかない」→「伝えたいことがたくさんある」

など。そうすることで、マイナスのように感じていたことも、

あれ?これって個性じゃない?

うちの子、悪くないかも!

そんな風に思えたら、お母さんや周りの人が自分をそう受け止めてくれたら、

お母さんも楽になるし、きっと子どもものびのび力を発揮できると思います。

今日1日、少しだけ意識してみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です