子どもには子どもなりの理由がある

おはようございます。

先週末から息子が突発になり、数日の高熱からの発疹、からの大不機嫌!!!

うわさには聞いていましたが、うちの息子は基本おだやか~な性格なので、ここまでの不機嫌は初めてです。

今朝のひとあばれが済み、寝ているので、ブログを更新します。

今日は、子どもの行動の意図を考えてみましょう。というお話です。

よく、家の中のものをたくさん触って困るんです。いたずらばっかりで…

癇癪がひどくて困っています。

などの相談を受けていました。

子どもは大人が困るポイントをうまくついてきますよね。

心理学では応用行動分析などの言葉がありますが、難しいので、簡単に。

つまりどうしてその行動を起こすのか考えてみましょう。ということです。

例えば、ものを倒すという行動。

①その物自体に興味がある。

②倒したらどうなるのかな?

③これじゃなくて、この後ろのものが気になるんだよな。

④これをやったらママがかまってくれる。

など。そうすることで、「いたずらして困る子」が「興味関心の深い子」へと変身しませんか?

そして、見えなければ触らないかもしれません。案外大人の都合でレイアウトしていることで、

子どもが怒られてしまうことも多いんですよね。

このように一度怒ってしまう前に、子どもの価値観になって行動の意図を考えてみましょう。

お子さんを見る目と成長を実感できると思いますよ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です