できていることに目を向けよう

こんばんば。ブログを更新したいときに限ってメンテナンスされ、気持ちを折られていました・・・笑

わが子の成長を考えるとき、

子どもにイライラしているとき、

支援計画をたてるとき、

ありがちなのができていないことに焦点をあてるということ。

もちろんできなことをできるように。ということも大切です。

でも、それよりもできていることに目を向けてみましょう。

「片づけられない」という気になることがあったとして。

子どもは毎日おもちゃを出すので、とても気になってしまうけど、

その子は、遊ぶのが上手かもしれない。

絵を描くのが上手かもしれない。

関係のないところでも、身辺自立は完璧!

好き嫌いをしない!

お友達に優しい!

など素敵なところもたくさんあると思います。

その素敵なところをたくさんほめて、たくさん認め、8~9割はそれを大切にして伸ばしてあげる。

残りの1~2割で苦手なところ、頑張ってほしいところに挑戦する。

そうすることで、子どもの苦手意識や自信のなさは軽減されます。

子どもは自信があれば、苦手なことにもチャレンジできます。

ぜひ、今できていることに目を向けてあげてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

できた!を増やそう