できた!を増やすためのスモールステップ

こんばんは!

今日はお散歩に出かけて、日光疲れです^^;

お子さんの自信を育てるため、お子さんの良い行動の強化のために、

できた!の経験を増やすというのを先日お話しました。

今日は、そのできた!の増やし方についてお話します。

まずは、これも以前お話しましたが、今できていることを見逃さないということ。

例えば、ごはん中に立ち上がらないでほしいという願いがあったとして。

「立っちゃだめ!」と声をかけてしまうことに一生懸命になってしまうのが、よくあるケース。

ですが、そこに至るまでに

①まずは椅子に座ることができた。→「座って食べてかっこいいね!」

②いただきますの挨拶ができた。→「上手にご挨拶できたね!」

③自分でスプーンをもった。→「お、スプーン持ったね!」

③のように褒め言葉じゃなくても、子どもの行動を言語化するだけでOKです!

自分のことを見てくれた、認めてくれたということが大切です。

そして、今日のテーマ「スモールステップ」です。

今できていることから次に進むための目標。ですが、ちょっと頑張れば、できる。くらいの目標にするんです。

イメージが難しいですかね。

例えば、「トイレに行きたがらないけど、トイレでおしっこできるようになってほしい。」という相談がありました。

ここで最初からトイレでおしっこをする!を目標にしてしまうと、なかなか成果が現れず、できた!の経験に繋がりにくいのです。

なので、例えば

①おもちゃを持ってトイレに行く。

②便座に座って絵本を読む。

③ズボン、パンツを脱いで便座に座り10数えることができる。

④便座でおしっこをする

このように段階を経ることで、できた!の経験がすでに4つ生まれます。

大きな目標に向けて、今どこでつまづいているのか。どの程度頑張ればできるのかを整理してみると、子どもの拒否も少なく、チャレンジしやすくなると思います!

ぜひ、お子さんの様子を整理して、実践してみてくださいね。

Follow me!

できた!を増やすためのスモールステップ” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です