育児の循環

育児の循環

育児の循環

こんにちは!今日は「育児の循環」というタイトルにしました。

きっと全てのママに共感してもらえるんじゃないかな。。。?

ぜひ最後までご覧ください♪

共感ママ多数!?育児の循環

さて、今日このテーマにした理由。

私の息子〈1歳10か月)はほぼ毎日保育園の帰りに散歩に行きたがります。

息子に引っ張られる形で行くのにもかかわらず、公園での機嫌は波があって。

そんな日々のエピソードを話したり、動画に取ったりして家族に伝えた時に、ふと感じたことがあって。

母子とその家族って互いに影響を受けながら生活している。

その影響が循環になるんだけど、プラスもあればマイナスもあるなと。

どんな循環があるか、次で説明しますね!

プラスの育児の循環

例えば、子どもが楽しく遊んでいる姿を見て、家族は安心する。

安心だから、子どもだけじゃなくてママにも目が向く。ねぎらいの言葉をかけていたわることができる。

ねぎらってもらって、ママは認められていると、気持ちが満たされる。

気持ちが満たされ、前向きになると、笑顔で子どもにかかわることができる。

そんなママを見て子どもも楽しく遊ぶことができる。

これがプラスの循環だなと感じました。

マイナスの育児の循環

次にマイナスの循環です。

子どもが不機嫌な様子を見て、家族は心配になる。

心配だから、「あら、どうしたの?」「かわいそうに」と声をかけたり、ママにアドバイスをしたり。

でも、ママはそんな状況に自信をなくしたり、疲れてしまったり、孤独を感じたり。

気持ちは後ろ向きになってしまって、笑顔で子どもに向き合えない。

暗い表情のママに子どもの機嫌も悪くなる。

これがマイナスの循環です。

循環を断ち切るために

どうして、このようなことを考えていたかというと、この前息子の楽しそうな動画を家族に送ったんです。

するとみんな「毎日息子に付き合って大変だね!ゆっくり休んでね!」とねぎらってくれて、私想像以上に嬉しかったんです。

でもそれと同時に、この言葉をあの辛かった日にほしかったな。とも思って。

マイナスの循環にあるときは、ママ自身も余裕がなくて俯瞰して見ることができない。

この状況を断ち切りたいけど、自分じゃどうにもならない。ってことがあると思うんです。

だからこそ、身近な存在に、そんなときにこそ手を差し伸べてほしい。

「今日は大変だったね。」「一人で相手してくれてありがとうね。」「代わるから、休んで」

こんな言葉で、ママは救われます。

プラスの循環のときは、ママ自身でエネルギーを充電する力があります。

だから、マイナスのときにこそ、家族のサポートが必要です。

いつも、ママを支えてくれてありがとう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

こだわりってなくなる?

次の記事

視覚の偏り