赤ちゃんの成長から学ぶ「成功体験」による学習

赤ちゃんの成長から学ぶ「成功体験」による学習

赤ちゃんの成長から学ぶ「成功体験」による学習

おはようございます!

今日は先日も息子の成長振り返りブログを書いたばかりですが

息子とのやりとりの中で感動したことがあったので書いてみたいと思います。

我が家は、しまじろうの力を借りて遊んでいるのですが

1歳のときに送られてきたおもちゃ↓

DSC_0440

これなんですけどね

玉をポットンするんです。

届けられたときは、大人が玉をセットしてやると、親指を使って落とす。

落とすとすぐに玉を拾って転がす

大人が回収して、またセットする

の繰り返しだったんです。

段々とこのおもちゃに飽きてきたのか、この玉だけで遊ぶようになり、

このケーキはご無沙汰だったんですが

昨日、久しぶりに取り出して来たんです。

すると、一人で玉をセットして遊ぶことができている!!!

母、感激!!!

「ひとりでできたねー!」と頭をなでました。

すると、にこっと笑った息子

玉をセットして遊び、また母を見る。

母なでる

これで確信に変わったのか、夢中になって遊び始めました。

母は、次に成功したら拍手をしました。

息子は拍手が大好き。度々催促するので、もちろん大喜び

拍手を目指して、急いで玉をセットし始めます。

ここまでの一連の動きができてから

母はさらに欲張ります。

よっしゃ、模倣運動の練習や!

玉が転がったら、拍手→万歳!へと移行します

よし、真似してくれるかな?ウキウキ♪

息子、拍手→玉セット

あれ、それはやらないのねw

ですが、このやりとりで、息子は明らかに

「成功体験」から遊びを学習したのです。

ほめられたことで、この遊び方が正しいのだと理解して

繰り返し、反復練習をする。

それが自信になりその後息子は寝る間を惜しんで遊んでいました。

いや、昼寝はしてほしい・・・w

慣れてくると、自分で場所を移して、いろいろなところで遊び始めましたw

今日も起きがけすぐに、玉をセットしていましたw

ということで、赤ちゃんにとっても

この成功体験からの学習がスムーズに入るということがわかりました。

というか、この学習が、基本スタイルなんだよな〜と。

子どもの成長とともに、私達はいろいろな言葉とともに、複雑化してしまうけど、

これが学習の原型だと感じたんです。

つまり、子どもが大きくなったとしても

この方法が一番わかりやすく、子どもに理解できるのではないかと。

遊びを通して

成功体験を積み重ね

自己肯定感を育みましょう

とお伝えしているわたしですが、

今日は、自分にピシャっとハマる感覚があったので

書いてみることにしました。

みなさんも、ぜひ、実践してみてくださいね♪

Follow me!

赤ちゃんの成長から学ぶ「成功体験」による学習” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です