子どもを上手にほめる方法

子どもを上手にほめる方法

子どもを上手にほめる方法

こんにちは♪

息子の体調もかない良くなり、今日は無事に保育園に行けました!

ハロウィン楽しんでいるといいな♪

さて、皆さん

お子さんをほめていますか?

どんなときに、どんなふうにほめていますか?

子どもは成功体験や、承認されたことにより、

自信をつけ、自己肯定感を高めていきます。

自分の存在を認め、自信がある子は

苦手なことにもチャレンジできる子になります。

ですが、発達が気がかりな子は

成功体験が積み重ねられにくい

また、注意されることが多く、褒められる経験が少ない

ということがあります。

そうすると自分に自信がないから

どうせ何をやってもだめだと、意欲が低い子になってしまうのです。

また、発達に不安がある子のママもまた、自信をなくしてしまったり

お子さんの成長に不安を抱えていたりするので

お子さんを上手にほめられていないということがあるのです。

では、ほめるとはどうしたら良いのか?

私がおすすめするのは、過程に目を向けるということです。

例えば、テストで100点を取った子がいて

「100点とってすごい!えらいねー!」とほめる。

これは結果に注目して褒めているんです。

でも、100点が続いたら?

100点が取れなかったら?

つまり、結果にだけ評価されている子は、称賛に慣れてしまったらモチベーションが上がらなかったり

自信がないことには、ほめられないかもしれないという不安が勝ってしまって挑戦できないことがあるんです。

そこで過程に注目すると

「100点すごい!毎日勉強頑張ってたもんね!」と声をかけるんです。

そうすると、ママは僕が頑張っていた姿も見てくれていたんだとわかります。

そうすれば、もし失敗しても

ママは頑張ったことは見てくれていたから大丈夫だと

自分を立て直す力になります。

ちょっと自信はないけど、ママが見てくれているからチャレンジしてみようかな

と意欲の高い子になります。

また、ほめる以外にも

子どもの実況中継をしてあげる

「お、トミカしてるんだね!」

「着替え頑張ってるね!」

と今やっていることを言葉にしてただ表現するだけで

ママは僕を見てくれていると感じることができます。

ほめられる経験が何よりも力になりますが

この言葉がけでも子どもの承認欲求は満たされます。

またアイメッセージも有効ですので

そちらについてはリンクからご覧いただけます♪

https://kujirano-note.biz/2021/05/22/%e8%a9%a6%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%a6%ef%bc%81%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%b8%e3%81%ae%e4%bc%9d%e3%81%88%e6%96%b9%ef%bc%81%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af/

では、皆さん今週もお疲れさまです♪

良い週末を♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です